スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

香港から帰る【香港2013.2月5日〜その八】

 シェラトン2日目の朝食は「和食」を選んでみたけど…


これはちょっとビミョーですね。
ごはんはぜんぜん美味しくない(レトルトの「○○のごはん」の方がよほどマシ!)
玉子焼きもしかり、鮭はサーモンを無理矢理?
噂で イマイチ という情報は得ていましたが、身を以て実感。


まぁフルーツやハムがあるのでいいけど。


定番のおみやげで外せないのが「英記茶荘」。いつも買ってます。
他にはスーパーでクノール金華ハムのスープやインスタントミルクティ
これまた香港おなじみの「出前一丁」を買って帰ります。

ホテルチェックアウト後はリーズナブルにシャトルバスでAEL九龍駅→空港へ。

シェラトンのすぐ裏側あたりに無料シャトルバス乗り場があります。
これに乗ってエアポートエキスプレスの九龍駅でチェックイン。
大きな荷物を預けて手ぶらで電車に乗って空港までGo!

今回、帰りはビジネスクラス♪
なので、航空会社のラウンジへのインビテーションがあります。

ANAは香港にラウンジを持っていないのでしょうね。United Clubのラウンジへ。
昔、友だちの恩恵で香港空港ラウンジを利用した時はエール・フランスでした。

サンフランシスコへ向かうUNITEDの飛行機を横目に見ながら


お寿司みたいなのだけ写真を撮りましたが

結構いろいろなお料理やパン・カップラーメンなどが ずらずらと並んでいます。


ビールだって飲み放題
きのこのポタージュがおいしくて2杯も頂きました。


ゆったりした席に座ればちょっと仮眠もできますね。

飛行機搭乗。ゆったりしたビジネスクラスのシートに座って

オヤジチョイスはシャンパン。(私はお茶)


ビジネスの和食です。 素材がなかなか高級な感じ。
不思議な食感の酢の物素材がわからずに尋ねたら…氷頭なますでした。
コリコリ美味しかったです。


洋食はこんな感じ。私はやっぱり和食の方がいいかな〜。

この機材のビジネスシートはちょっとショボイ感もありましたが
座席はゆったり、足元広々、サービスもいろいろ目配り気配り頂いて
たいへん気持ち良く関空まで乗って帰ってまいりました。

関空到着が結構遅かったので(19:45着)帰りはMKスカイゲイトシャトルを利用
(MKタクシーが運営している「乗り合いタクシー」)

こちらは神戸でも西の方なので料金が1人/4,000円(2人8千円)と
ちょっとお高い感もありましたが
家の玄関前まで送って頂けますので、利用価値はあったかなと思います。

ちなみに、神戸でも市街地の中心地までなら〜2,500円とリーズナブルですよ。

 
まとめ

今回の香港はゴージャスな滞在を楽しませて頂きました。
クラブレベル、止められなくなりそう。
やっぱりビジネスクラスはいいわ〜♪(ちなみに…特典航空券で利用しました)

お小遣いもほとんど使わず。現地ATMで2,000HK$引き出した以外は…
一度も両替せずの旅でした。

以後、ちょっとしばらく行けそうにはありませんが
またいつか!

at 22:22, えまりん, 香港

comments(0), trackbacks(0), - -

深水ポー(シャムスイポー) と女人街 【香港2013.2月2日〜その七】

シェラトン泊:翌朝

タワーズ宿泊者の朝食は18Fのオイスターバーで頂けます。


最初、バフェかな?と思ってよくわからずに取りに行こうかと思ったら
基本のメニューをオーダーして、その他副菜をバフェで取る感じでした。

私が選んだのは 中華式朝食 お粥です。あと腸粉と蒸し物 
バフェで生野菜や果物を取ってきました。


オヤジは…洋風?をオーダー。 ちょっと少ない感じですね。
だけど

こっちにいろいろあるので、好きな物を取って食べられます。
お粥はまあまあ良かった。 

ネイザンロードの大通りです。 竹の足場が(^_^;)

左側がシェラトン、右側足場向こうがペニンシュラです。
このあたりは繁華街でショッピングにもたいへん便利です。
車の往来が激しいので空気は汚れてるし、人が多くてやかましいですけどね。


この日は深水埗(シャム スイ ポー)というとこらへんまで
MTR(地下鉄)に乗って初めて行ってきました。


手芸用品がいっぱい売ってると聞いた。

これは文具屋さんですね。旧正月が近いので飾り物がわんさか。


ここはショッピングモールみたいなビル。
AKB48の文字がありますが、私はその下、干支の動物さんの方が興味アリ(笑)


で、手芸街のビーズ。 軽いプラスチックみたいなやつ。何か飾りを作るのかな?
レンゲですくってビニール袋に好きなだけ入れて量り売りみたいです。

アクセサリーを作るには安っぽい感じ。

布地屋さんとかリボンとかチャーム屋さんとか


これは生地の見本ですね。これを見てお買い上げするのね。


いろんな店に入ってゆっくりあれこれ物色したかったけど、オヤジが乗らん。

こんどはオヤジ連れてこないで1人で行きましょう。


このへんは電脳街っていうのか? 電器もんいろいろ。

他にも庶民の市場があって、お正月の買い出しでそれはそれは大混雑っ!
今日は月曜日じゃあーりませんか、
もうお正月休みみたいな時期に入ってたんかな?(2/4)

まあ人も多いしオヤジはあんまり興味あるもんがないので
また地下鉄に乗って旺角(モンコック)駅まで行って
女人街をウロウロ

お昼なのでまだ多くの店が準備中
前に夜来たことがあるけど、それはそれはすごい人で
押し合いへしあいでしたわ。


私は こーゆーの 好き♪ これはプラスティックののれんみたいなやつです。
ドンピシャなやつが無かったので買わなかったけど…
1つくらい買ってくれば良かったなぁ。

オヤジはなんかTシャツを嬉しがって買ってました。
安くして!言うて交渉したけど…相当ぼったくられてる感じやわ。

まあ、たまにはこういうチープ / ディープなお店を見るも楽しいけどね。


ランチはホテルから東の方へずず〜っと歩いたあたりの翠華レストランで。


店先でメニューみて、これなら食べられそうかな…?ということで

海南鶏飯


揚げそば


どちらもなかなか美味しゅうございました。無難に食べられました。


「飲み物は?」と聞かれて思わずメニューからオーダーしたけど
なんか
生暖かい とうもろこしの 汁みたいな? 得体の知れない飲み物でした。

まぁ健康ドリンクとかちょっと水くさいコーンスープと思えば頂けなくもなく
無事完食させて頂きました。
《※かなり後で調べた結果→ホーリック(好立克)という麦芽飲料だったのかも》


ホテルラウンジへアフタヌーンティーを頂きに行きましたが
ラウンジには何も置いて無くて(昨日は置いてた)
今日は オーダーしたら持って来てくれる というスタイルでした。

いちごのショートケーキと小さめのスコーン。スコーンはあまりお口にあわず残しちゃった。
昨日、日曜日はサンドイッチもあったのにね。今日はこれだけ。
元々、アフタヌーンティーという時間帯を設けてないのかもしれないけど
サンドイッチくらいあったら良かったのにな〜。

クラブレベル体験は初めてでしたが、シェラトンはちょっと品数が少ないの?

これはその日の夜、カクテルタイムやけど、ほぼ満席で…

端っこの方の電灯も当たってないような席しかなかった。
お料理もお皿を見て頂ければわかると思うけど、ちょっとショボイよね。
欲しい物が無かった…というか、あんまり品数が無かったような記憶が。

ラウンジのスタッフも特別サービスがいいという訳でもなく、
声をかければきちんと対応してくれるけど…
それ以外はあんまり。
1人だけ、若い男性スタッフは最初からいつも気配りをしてくれて気持ち良かったわ。



ちなみに、滞在した部屋はこのへんだと思う。
この部屋からならあの風景が眺められます。

後ろの K11 と書かれた高層ビル、ハイヤットリージェンシーホテルがあるビル
私はずっと前から「ガンダム」にしか見えません。なので「ガンダムビル」(笑)

目印になるので助かってますv

はじまりにもどる <ーーー>     つづく。

シェラトン香港ホテル&タワーズ
2泊分で67,000円ちょい
1泊あたり33,500円位。
数日前くらいまでキャンセルできる料金プラン。
2連泊だから少しお安いのかもしれない。
アップグレードプラン。

at 22:22, えまりん, 香港

comments(0), trackbacks(0), - -

Sheraton Hong Kong Hotel & Towers【香港2013.2月3日〜その六】

香港はのこりあと2泊、コンラッドは香港島側でしたが
あと2泊は九龍半島側のシェラトン 香港 ホテル&タワーズで取りました。

こちらは折角の立地なので、ハーバービュー のお部屋を予約。

尖沙咀(チムシャーツイ)九龍半島のいちばん先っぽあたりです。


隣には超高級なペニンシュラホテル。


シェラトンもなかなかゴージャスな作りでした。

ロビーの階段もステキだったのだけれど…
中国人か?団体客がその階段にズラズラと座り込んでて…(この写真でも写ってる)
なので風流な金魚の池の写真をおたのしみ下さいませ。

チェックインにはまだ時間があったのですが、こちらも タワーズ(クラブレベル)ですので
手続きは直接16階のラウンジデスクへ直行です。
お部屋が準備できるまで、とりあえずウエルカムドリンクをどうぞ。
ということで

オヤジは早速ビール。アルチュ

ちょっと外へも出て時間潰してからお部屋へ。

タワーズは16階以上と思っていましたが、タワーズのハーバービューは全て喫煙室とのことで
禁煙ルームリクエストをしていたので1フロア下の15Fになったようです。
(今時、喫煙ルームが優先ってのはどうかと思います。上に泊まらせろ!)


正直、あんまり期待はしてなかったのですが、


うわっ、眺めいいー! コンベンションセンターが正面に。


想像以上に良かったわ♪


洗面所からもこの眺めです。(左はトイレ、背面はお風呂)


お風呂はシャワーがタブの外(写真右上)にもあって、床がWetでもOK!
なので、日本風の入り方も可能です。これはなかなかいいなと思いました。
ちなみに、洗面所のカーテンを下ろさないと…
部屋からお風呂が丸見えです(笑)

一通り部屋を見てからラウンジへアフタヌーンティーを頂きに。

この日は日曜日だったからか、セルフサーブでサンドイッチ等ちょっと種類がありましたが…

これはカクテルタイム。

まあちょこちょこありますが、ちょっと種類が少ないかも。

夜になるとこの夜景が部屋から見えます。

左前方にインターコンチネンタルホテルがありますが、あまり気にならない。

私が好きな中銀ビルもちゃんと見えるし、昨日泊まったホテルも見えてるよ。


1泊目は20時からの ザ シンフォニー オブ ライツ を部屋から見ました。

何というゼイタク。けど、音が聞こえないので臨場感には欠けますね。


はじまりにもどる <ーーー>     つづく。


at 14:00, えまりん, 香港

comments(0), trackbacks(0), - -

CONRAD コンラッド香港【香港2013.2月2日〜その五】

マカオからターボジェットに乗って約1時間で香港へ〜
上環です。左がフェリー乗り場方面(海側)
これから正面方向のホテルへ。

ここでちょっと失敗。
私はタクシーに乗ってホテルまで行くつもりやったけど
オヤジが「地下鉄MTRで行けばいいやん」というのでそうしたけど…
駅どこやったかわかりにくく(前に利用してるのに わからん)
ホテルがある金鐘に付いてからもホテル入り口がわからず
結局すごーく余計な時間を費やして ムダムダムダ〜にしてしもた!

やっとのことで到着。

本来の 外側の入り口の写真を取り忘れてるっ(汗;) 次回是非。

そうそう。今回の旅行のテーマですが
「クラブレベルで泊まってみよう!」

海外旅行エキスパートの友だちが以前

『クラブレベルってお値段が高すぎて庶民にはちょっと手が出ない感じやけど
たいてい朝食無料、お茶やお菓子、カクテルタイムには酒類やオードブルも無料
お部屋はもちろんホテルで一番いい場所やし、チェックインだって優先的で特別扱い
普通レベルで泊まって外へ食べに出るより、かえって安上がりかもよ』

な〜んて話してたので、一度はクラブレベルにも泊まってみたいと思ってた。

前回(普通フロアで)泊まったアイランド・シャングリラから見えていたここ


CONRAD 香港
ここには是非泊まってみたいと思っていたので
予算と相談して エグゼクティブ(ピークビュー)で1泊することにしたのです。
(コンラッドはヒルトンの上級ブランド:ここのエグゼクティブフロア=クラブレベル)



とりあえず下のロビーまでたどり着いて列に並んでチェックイン待ち
対応がちょうど日本人ゲストリレーションの方に当たって
即、同行してくれて59階のエグゼクティブラウンジまで直行。

ん〜、写真撮ってないけど、ここでデスクに座ってチェックインです。
わーぉ!眺め最高!わくわく 思わず舞い踊り

先客がいらしたので、とりあえずラウンジでウエルカムティーを頂いて待機。

予約はピークビューだったけど、案内されたお部屋は…

ラウンジと同じ59階(あと上に60・61階がある)




ハーバーが見えますよ。アイランドシャングリラもそこに! 嬉しいわ。






テレビにはウエルカムメッセージが! ちゃんと私の名前入りで出てました。


洗面所、背中側にバス、その横に独立したシャワーブース。

お風呂にはダックちゃんがいます ビジネスマンでもほっこりするやろね♪

トイレはこの右奥に扉付きで独立してあります。いいね。


ミニバー

ネスプレッソもありますがラウンジがあるのでほとんど必要なし。

で、アフタヌーンティータイム。ちょっとゆっくりめ、16時過ぎにラウンジへ。

眺め最高です。カトラリーもゴージャス、スイーツも嬉しい♪

ここのカクテルタイムは17時から。席が埋まってしまうかもしれないし
アフタヌーンティーからずっと居座ってもいいけど…(笑)
ちょっと一旦部屋へ戻って、18時前にまたラウンジへ。

飲み助には嬉しいひとときですね。(私はあんまり飲めません)

幸い、思っていたほど混雑してなくて、窓際の席へ座れました。





こ〜んな感じでオードブルがあります。自由に頂けます。 お酒はオーダー。

ちょこちょこっと食べるだけやけど、これだけで結構お腹いっぱいになります。
欧米人はチーズをしこたま取って食べてる! その量にビックリします。

部屋に帰ったらターンダウン(寝られる支度のルームサービス)されていて、
ベッドには期待した… 
あれ? コンラッドに泊まったらベッドに置かれるはずの ベア がおらへん!

前もっての連絡時に「ベア、楽しみにしてます」と言ったのが仇になったのか?
(チェックイン時に「早めにご用意します」みたいな事を言われての伝達ミス?)
おらへん(泣)

「クマがいないんです…」と連絡してもらって無事に届けてもらえました。

自分で寝かせて撮った。本来なら部屋に帰ったらこうなっているハズ。

しかも…これは帰ってから気が付いたけど…
ウエルカムフルーツは後で持って来てくれたけど、チョコレートは無かった。
(いろんな情報によればセイロ入りのチョコレートがある模様)
ちょっと残念やけど、ハーバーが見えるお部屋にしてもらえたので諦めよう。

エグゼクティブフロアの滞在、ホテルにずーっといてもいいねんけど
折角来たのでピークへ上がってみることに。

コンラッドホテル入り口から香港公園を抜けて
ピークトラムの乗り場までは10分か15分くらいか。

うぎょ〜、普段から混んでいると思うけど、土曜日なので尚更か。

写真右側にも ずら〜っと大群の行列が。
1時間以上待たないと乗れないっぽい。しかも、インサイド(大陸人)が割り込んでくるし
私の後ろにも割り込んできたけど、追い払った。

待ってやっとこさ乗って上がって夜景だけ見物して

人が多いしピークは風きつくてかなり寒いし
帰りのトラムにも大行列ができてるし…
写真だけ撮ってトラム乗り場にブルブル震えながら並んで、下山。


下まで降りたらちょうどタイミングよくオープントップの路線バスがいたので
乗ろうと思って前の人(運転手に質問中)の後ろに並んでたら
その間から人が割り込んで乗車しようとする!!(怒)
怒ったった。

セントラル(中環)までの乗車なのでほんの5分くらいかな。
けど、ジェットコースターみたいで周りの人もノリノリで楽しかったわ♪

これは路線バスやで。観光用もあるから初めての人は乗ってみたら楽しいと思う。

セントラルからトラムに乗ってホテルへお帰り〜。

トラム降りてからはパシフィックプレイスというショッピングモールを抜けてすぐ。
これがね、レベル(フロア)を間違うとなかなかホテルにたどり着けないの。


ラウンジでまた お茶 頂きました。 今夜は外でごはん食べてない。
そう言えば、お昼も午前中のエッグタルト以降、外で食べてないような気がする。
ラウンジばんざい!(笑)

翌朝。
朝食は「ラウンジ」か「下のレストラン」、どちらでもOKということで
いろいろバラエティに富んでいそうな「下」をチョイス。
2泊あれば両方体験できるのにね。次回は是非。

広〜いスペースです。部屋番号を伝えるとこのあたりに案内された。


お粥/麺は具材もちょっと置いてあって、選べば温めてくれる。
私はお粥にエビを入れてもらった。

あとはバフェでお好きな物を。卵はお好みに応じて。

あーんまりお腹減ってないので、こんなもん。ちょっと少なすぎか?
普通にお支払いすれば3千円以上(4千円とか)するので、ゼイタクな食いっぷりですね(汗;)

あ、ここのエレベータですが、エグゼクティブフロアへは宿泊者のみが上がれます。

ルームキーをかざさないと上階のボタンを押せないようになってます。
一応、セキュリティーはちょっと考慮されてますね。
あっ、エレベーターは結構速いけど、シンドラーでよく揺れるのが怖かった。

コンラッドは今日チェックアウトせなあきません。
本来12時のチェックアウトなのですが、ご厚意で13時アウトにして下さいましたので
セントラルとかそっち方面までちょっと散策へ。

ヒルサイドエスカレーターで上がって

前回食べた麺粥店! 粥って書いてるのに粥が無かったけど
今は看板も作り替えて「麺粥」の文字が無くなってます(笑)


坂道にエスカレーターがあって楽チン♪


途中の景色もけっこうおもしろい。
「足つばマサージ」


ペイント屋さん。一見マリリン・モンローかと思いきや…
Oh! Michael !!

途中まで上がって市場やお店を見学しながら下ってきて
お腹は空いてないけどちょっと雲呑麺でも食べたいなぁと思ったら

ミシュラン?
ビブグルマン部門というので掲載されたかな?(コストパフォーマンス)


メニューは日本語でも書かれていてわかりやすい。


普通の雲呑麺と


油菜(ゆで野菜)を頂きました。

雲呑麺2つと野菜1つで57HK$=700円以内 ですね。
以前はもっと安かった模様。
味は、まあ美味しかったよ。


店の中。
ホントは外に見えてるお店へ入ろうかな〜と思ってたのに
ミシュランの文字についついこっちへ入ってしまった。
次回はお向かいへ行かせて頂きます。

ここからまたちょっと町歩きしてトラムでホテルへ戻って
そうこうしてたら13時も近くなったのでチェックアウト。

香港はのこりあと2泊。
コンラッドは香港島側、残り2泊は九龍半島側ホテルを予約してあります。

コンラッドから九龍の尖沙咀(チムシャーツイ)まではタクシーで。
道は混んでるし、有料の海底トンネル通るし、日本で考えたら3千円かかるかなー
と思う感覚ですが、100HK$以内です。(1,200円)
香港は公共交通やタクシーも安いので助かります。

CONRAD Hong Kong
キングエグゼクティブピークビュー
(年末年始キャンペーン割引あり)
HK$ 3671.25(/1泊)


はじまりにもどる <ーーー>     つづく。
 
JUGEMテーマ:☆香港旅行

at 23:59, えまりん, 香港

comments(2), trackbacks(0), - -

CONRAD Hong Kong

 香港に来てます。
昨日はマカオでショーを楽しんできました。


at 23:00, えまりん, 香港

comments(0), trackbacks(0), - -

マカオのショーと世界遺産【香港2013.2月1日〜その四】

マカオへ1泊するので、評判の良いショーを観ようと日本で予約して行った。

水舞間 The House Of Dancing Water」(音が出ます)

あんまりこういうショーを観たことがないので一生に1ぺん位は!

席は『1)特別にいい席』→『2)通常』→『3)ちょっと安い』→『4)一番安い』

私たちは 『3)ちょっと安い』のCat3=680HK$で予約。
最近ちょうどレートが12円=1HK$位やから、8千円強の席×2人ですね。

オンライン予約では そのカテゴリー内で「ここ」と提示された席しか買えませんでした。
(カテゴリー内で「Bestな席」 か 「Wetシート」かの選択肢はある)
私は何度かアクセスしてみたけど、あまり良いポジションが出ず
悩みながら何日か様子をみて、結局 Wetシート、最前列を提示された時に買いました。

チケット発券には、
☆パスポートとクレジットカードと申込書を見せてショー当日受付に並ぶ方法と
★バーコードが付いた「入場券」を印刷する方法があり
後者★の方が当日時間がなくてチケット交換に焦るより良いと思ったので
後者でチケットを印刷しました。
(どちらの方法でもキャンセル返金不可と思いますが…後者はもちろん即チャージ。)

水舞間があるコタイのCity of Dreams まではちょっと距離があるけど
ちょうど泊まったシントラ前の通りからシャトルバスが出てる!

ホテルを出ると否が応でもこのスゴイ建物が見える。
バス停はここ。シントラ出てすぐ左側。


うまく写せてなくてごめん。「CITY OF DREAMS  新濠天地」のバス。紫色よ♪
人が沢山並んでいるのがバスに写り込んでるでしょ。
バスは酷い交通渋滞でなかなか来ない。しかも1〜2台は見送らないと乗れない感じ。

マカオの交通はホントに酷い。怖い。ミニバイクもすごーく多くて
しかもちょっとの隙間でもすり抜けて行くのでヒヤヒヤ。
マカオでは絶対運転したくなーい。
(バス運転手さんのあまりのご苦労に、運賃無料だけど思わずチップあげちゃった)

City Of Dreams は今回すっかり写真を撮りそびれたけど
ハードロックホテル/クラウン/グランドハイアット の3つのホテルがあって
カジノあり、ショッピングセンターあり、ショー有りの巨大エリア。
夜のライトアップはまた一段と美しいです。


高級なお店


なんか、壁に人魚が泳いでるよ。私が近寄るといつも人魚が消えちゃった。


旧正月が近いから? いろんなところにドラゴンもいるよ。


ホテルのエントランスか。ここもゴージャス!

コーヒーとサンドイッチで腹ごしらえして、水舞間へ入場


人気があってチケット買えない…と聞いたけど、なるほど結構いっぱい。この日は金曜日


円形のプールからドデカイ帆船みたいなんがせり上がってきたー


水濡れ最前列なので、役者さんが目の前にくる!


前から4列目くらいまではバスタオルを貸してくれます。ビショビショになるよ。


役者さんはみんなスバラシイ肉体美!
ブランコよりもっともっと高いとこからも飛び込み有り!

正直、ストーリーはあんまりわからんけど、1時間半ほどのショー、すごいです!
楽しめます。お勧めです。

水深何メートルあるの?のプールが陸になったり
途中、なんか知らんけどバイクスタントがあったり
前列の方にはわざと水をかけにくるので
濡れたら嫌な人は6列より後ろくらいがいいかもね。
(私らは一応 百均のかっぱ持参で行きました

ショーが終わってからもC.O.Dをウロウロすれば良かったんやけど
なんかしらん、すぐシャトルバスに乗ってホテルへお帰り。


夜のシントラ(右)はこんな感じです。一応、ネオンの縁取りはある。


で、振り返ればそこに グランドリスボアが。


グランドリスボアの下はこんな感じです。
ここのカジノで ほんのちょっとだけマシンの「大小」をして遊びました。
少し勝ったけどすぐ負けた。
博打ぜんぜんできない夫婦なので、遙々マカオ行っても楽しめませんね。

ちなみに、行くまではオヤジが「ブラックジャックする!」と言って
家で親子3人でちょっと練習もしたんやけど…
テーブル見たら1勝負の賭け金が500とか、最低でも300HK$位で(3,600円)
そんなん、10cスロットしかできないような私らには 到底無理っ!
人様の勝負を遠巻きにちょっとだけ眺めて 撤退。。。

夜の町はちょっと裏通りへ入るとやっぱり怖い感じがするので
あまりウロウロせずに早々にホテルへ帰っておやすみー。
(この日は早朝に旅に出たので、この時点で起床時間から22時間くらい経過(汗;))


シントラ、洗面所もまあまあ綺麗です。お風呂は浅めやけどバスタブあるし。悪くないよ。


翌朝、
朝食はホテルの中華レストランへ。



バフェ方式でいろいろ好きな物を取って頂けます。 料理は沢山並んでたよ。
クチコミで美味しいと書かれてたお粥、うん、美味しかった!

食後は世界遺産地域へお散歩

行く道中、裏通りに有名なエッグタルトの店があるので場所を確認。

こんなビルの谷間にあって


今なら空いてるで! 空いてるうちに食べへん?って言ったけど
まだお腹いっぱいやから帰りに食べようと却下。

有名なセナド広場まで、ホテルから徒歩10分もかからないと思う。

お正月前なのでかわいらしい飾りがありますね。

左下の「続きを読む」をクリックしてね♪

続きを読む >>

at 22:50, えまりん, 香港

comments(0), trackbacks(0), - -

ホテルシントラ/マカオ【香港2013.2月1日〜その参】

 マカオで1泊するのですが、到着は夕方。それからショーを見に行く
翌日はお昼には香港へ向けて出発したかったので
世界遺産地域へ歩いてアクセスできる場所の「ホテルシントラ」を予約しました。

価格だけで見ればもっとリーズナブルにシェラトンも取れそうやったり…
小綺麗なソフィテル ポンテ16にも惹かれたけど…

シントラの方は朝食も付いてネットもできて…という事と
クチコミで「ここの朝食のお粥がおいしい」との情報を見て
悩んだけど結局シントラに決めたのでした。

外観は前にも載せましたが・・・

古ーくてお世辞にも「ステキ」とは言えないですね(汗;)


(これは帰る時に写した写真ですが)
ロビーはそれなりに綺麗です。写真奥側にフロントがあります。


部屋番号、もう忘れてしまったのですが12Fかな。「エグゼクティブフロア(禁煙)」
14階建て位だと思います。


古いけどまあゴージャスです。綺麗にしてありましたよ。






デラックスキングです。狭くもなく落ち着いた雰囲気です。

窓の外の景観はこんなかんじ(笑)

道を挟んだ向かいは「グランド・エンペラーホテル」ですかね。
スクリーンも明るいし、夜はホテル自体もネオンが点いてまぶしかったわ。

はじまりにもどる <ーーー>     つづく


【ホテル概要】

ホテルシントラマカオ (音が出ます)
 
Deluxe-King  朝食付き 16,226円  (1334 MOP/1160MOP+税)

*宿泊したのは金曜日/直前までキャンセル可能なプランをホテルサイトで直接予約
ホテルは平日安く、1万円以下かも。金→土とバカ高くなる。

良かった点
           *思ったより部屋は広くて小綺麗
           *冷蔵庫の缶ビール+ジュース、各2本無料。水もあり
           *朝食が充実している
           *町歩きには便利

イマイチだった点
           *受付の英語がとてもわかりにくい。日本語は通じない。
           *デポジット(カード決済)のやりかたが 謎
          (前もって多めの金額で決済→チェックアウト時に再決済みたいな)
           *シャトルバスがなかなか来ない
           *エレベーターがなかなか来ない(2台しかなく待ちくたびれる)
           *ネットOKらしいけど、うまく繋げなかったような記憶が。

全般的にはそんなに不満はありません。
機会があればまた泊まってもいいかな〜と思うホテルです。
お粥おいしいし。


at 22:52, えまりん, 香港

comments(2), trackbacks(0), - -

香港国際空港からマカオへ入国【香港2013.2月1日〜その弐】

 香港国際空港→マカオへの乗り継ぎ
初めてでちょっとドキドキでしたが、何とか無事マカオへ行けました!
今後のために整理・記録しておきますね。
(2013.2.1データ)

飛行機を降りてから地上係員さんがいたので聞いてみた。
「E2の方へ向かい、右側へ行って下さい」

動く歩道で移動して


E2って書いてある方へ行ったらフェリーの乗車券売り場が。


私はターボジェットを予約していたので、ターボジェットの列に並んでチェック・イン


マカオ行きと ナンシャ?行きって書いてるね。
簡単な日本語を喋られる係員もおられます。

あ、日本でやっておいたターボジェットの予約についても記録しておきます。

TurboJet   以前は日本語サイトもあったけど、今は見つけられなくて
私は英語サイトで予約しました。
英単語さえ読めれば予約は比較的簡単だと思います。

参考までに。こんな感じで選んでいきます。[BOOK NOW]クリックで次ステップへ。


*予約には 到着便名/パスポートNo名前/住所等、入力する画面があります。
*機内預け入れ荷物がある場合、香港到着→フェリー出航時刻まで1時間半くらい必要です。
*日本で航空会社へ荷物預け入れ時「マカオまで行く」旨を伝えておくとスムーズかと。

香港に着いてからは

*ターボジェットにチェックインする時、航空会社へ預けた荷物タグ番号を渡すと
 その番号の荷物をターボジェットに積み込んでくれます。
*乗車券・荷物券(荷物がある場合)・胸に貼る赤いシールをくれます。
*小さめのスーツケースなら、船内持ち込みも可能です。
 但し、大量の荷物が船内に置かれますので、盗難など注意が必要です。

っとまあこんな感じでチェックインOK。

チケットをゲットできたら、次はこちらに回ってゲートを通りますが
乗船の30分位前にならないと通してくれません。
周りには売店や休憩椅子もありますので、時間つぶしは大丈夫です。

香港へ入国してはいけません!
香港は「乗り継ぎ/トランジット」あくまでも「通過のみ」です。

ちなみに、飛行機内で配られる香港入国カードも不要です。
(後々、マカオから香港へ入る時に入国カードを書きます。)

乗船30分前頃に

自動改札を通って


エスカレーターを降りたら


「To SkyPier」と書かれたホームがあります。待ってると電車が来るので乗り込んで


みんなが降りる所で降りてエスカレーターを上がると

ジャジャ〜ン♪

赤いターボジェットが見えました!

ここでまた出航寸前まで待ちます。 フロアにはセブンイレブンもあったので
以前から所有しているオクトパスカードにチャージしておきました。


以前乗った 香港(上環)ー マカオ 間は指定席だったけど、今回は 自由席

窓際に座ったけど…

なんですかー? この濁った窓は?

海水がかかって外が見えるようになるんかな?と思ったけど、
ぜんぜん見えないままマカオ到着(汗;)

あ、ターボジェットは結構揺れます。船に弱い方はお気を付けあそばせ。


マカオへ到着したら入国です。
マカオ入国カードは船の中で配ってくれます。書き方は…そんなに難しくないと思う。

入国後、船に積み込んだ荷物を受け取ります。
係員さんが大きなケージを引っ張ってきます。
私の時は4つくらい出てきたかな? 荷物満載・扱い 雑
写真を撮ろうとカメラを構えたら「ダメ」って怒られました。
私らのはいちばん最後のケージに入ってたので、そこそこ時間がかかりました。

帰り(マカオ→香港)への乗船券は予約してなかったので
入国後に前もって買っておくことにしました。
「明日の香港行き 13時頃」を買いたかったけど
どの窓口で買えばいいのかぜんぜん見当もつかず…
3回くらい聞いてやっと場所がわかりました。(いちばん左の窓口)

マカオは人の出入りがすごーく多いです。
なので日帰りでも翌日帰りでも、帰り便チケットを前もって買っておくべし。
帰りに窓口へ行っても、すぐの便に乗れない可能性があります。
(前回、香港からマカオへ行く時も朝早い時間にもかかわらず すぐに乗れなかった)

ちなみに私は翌日13時のチケットを買いましたが、
当日、乗り場へ早く着いたので12:30頃に乗せてもらえました。
ある程度融通は利きますので心配ありません。


これはフェリーターミナルを写したもの。セレブは香港からヘリコプターでやってきます。
この背面にシャトルバスターミナルがあります。

入国してターミナルを出たら、いろんなところへ行くシャトルバスがわんさか。
たいていの乗り場は、ターミナル外の地下トンネルを通った向こう側にあります。
乗り場は案内係の人に聞いて探しましょうね。

今回私たちは ちょっとリーズナブルな「シントラ マカオ」へ泊まったのですが
そこのシャトルバスは乗り場もぜんぜんわからず、聞いて待っててもなかなか来なくて…
30分以上、いや、もっとここで時間を無駄にしたかも。

「ここで待って」と他ホテルの係に言われて延々待った。

赤ーい ボローいバスがきて やっと乗れた。
シントラだとグランド・リスボアのバスで行って少し歩いても良かったのだけれど
グランド・リスボアの係員には「あっち」って言われて乗せてくれなかった。

大きなホテルならどんどんバスも来るし、乗り場もわかりやすくてスムーズ。
ベネチアンとか、コンラッドもよく見たな。シティ・オブ・ドリームスも多いよ。
そういう意味でメジャーで大きなホテルの方が安心かもね。

ま、紆余曲折を乗り越え〜、シントラ到着っ!

あはは。想像通り。外観だけ見ると「ざんね〜ん!」って感じですね(笑)

(それにしてもマカオの交通渋滞は恐ろしいほどすさまじいです。)

とりあえずチェック・インして荷物を置きに行きましょう♪


はじまりにもどる <ーーー>     つづく。

at 17:00, えまりん, 香港

comments(4), trackbacks(0), - -

いざ香港へ!【香港2013.2月1日〜その壱】

約20ヶ月ぶりに香港(マカオ)へ行ってきました。
前回のテーマは「シャングリラ」でしたが
今回のテーマは…そのうち発表しますね。

前回 初マカオでしたが、香港から日帰りでちょろちょろっと見学しただけ。
オヤジが「またマカオ行きたい!」というので
今回は香港国際空港から直でマカオ入りする事に。

関空からANA(エコノミー)で出発!

洋食=ビーフストロガノフかな、結構美味しかった。調子に乗って赤ワイン(笑)


和食=鰆 かな。 お蕎麦もあっていいですね♪

香港までは4時間ちょっとなので、エコノミーでもぜんぜん平気な距離です。
着陸前は空港混雑で着陸待ちのため 空を大きく旋回してたわ。

無事到着して、ここからが初体験ゾーン。
香港で入国せずマカオへそのまま直行!

ターボジェットというフェリーに乗るねんけど…
下調べはちょっとしてきたけど…
なにかと 不安いっぱいだ。

次→ 香港からマカオへ に続く。


JUGEMテーマ:☆香港旅行
 

at 09:00, えまりん, 香港

comments(0), trackbacks(0), - -

2011.5月【香港4日目/香港一高いビル】最終

香港旅行プロローグはこちら
香港最後の日。
お昼頃に九龍ステーションに行けば帰りの飛行機に間に合うかな〜と
朝はわりとのんびりゆったり。

ずっとお腹は満足気味で、朝食も軽くお粥と雲呑麺(またかい!(笑))でいいかなと。
だいたい行く方面の目星は付けてたけど、ホテルのドアガールのおねえちゃんに聞いたら
「ホテルを出て右の方に行って左へ曲がって…」みたいに教えてくれたので(想像通り)
そっち方面へ歩いて行った。

ん〜、お粥ってどこにあるんかなぁ、わからんなぁ、と思いつつ
昨日見つけてたお店へ入ってみる事にした。

 メニュー見てもやっぱりすぐにはピンと来ない。

他のお客さんは腸粉?とかコーヒーとかパンとか、テイクアウトを利用する人もいっぱい。

よくわからんなりに「お粥・雲呑麺」って頼んだら、無事、それらしき物にありつけそう。

お粥…って、白粥やん。
後で右にあるようなパックを2つ見せてくれたので
コレ(山クラゲ?高菜漬け?みたいなん)を頂いた。これをお粥に混ぜて食べたけど
オヤジ曰く、相席だった前のねえちゃんは不思議そうな顔してたって言ってた。

なにか まちがってましたか???

雲呑麺はワンタンメン♪
 細麺さっぱりで美味しく頂きました。

2つで35HK$ 400円弱ですね。


去年の香港では「福臨門で飲茶」とか「鹿鳴春でダックエビチリあわび」とか
ハコがきちんとしたカジュアルレストランで夕飯を食べたりとか
結構まともな食事が多かったけど、今回の食事は屋台レベルの質素な物が多かったね。

けど、ホテルのバー&グリルとか、朝食のバフェとか、アフタヌーンティーとか
やっぱりそれなりにはゼイタクなものも頂いてるんよね。
心残りは…アワビ フカヒレ をぜんぜん食べられなかった事か!?
それはまたいつか、食べられるだけの資金を貯めてからネ。

朝食後、尖沙咀の東の方を散歩しててこんなスーツケースを見つけました!
なんか、カワユス♪ にちゃんねるの世界か?わからんが。
ちょっと欲しかった気もする。

散歩もしたし、ちょっと早めに九龍ステーションに行こか…という事で
ホテルをチェックアウトしてシャトルバスに乗って
エアポートエキスプレス九龍ステーションに到着。

ここ、インタウンチェックインができるので、スーツケースも預けて搭乗券ももらって
あとは手ぶらで空港まで行けるのです。

早めにここへ着いたので、ほんの少し前にオープンしたばかりの
リッツカールトン ホテル」を見学に行こう。

九龍ステーションから「エレメンツ」という高級ショッピングモールを通り抜けて
ここ、ホントに高級!この先にホテルあり。

エレメンツからリッツカールトンに行くのに、どこから上がって良いやらちょっとわからん。
上の写真に見えるエスカレータをそのまま直進した前方にあるエレベーターに乗ると、
どうもホテルじゃなくオフィスビル?に行っちゃうみたい。
そこで尋ねたら「この右の方から入って下さい。」との事で、無事リッツカールトン方面へ。

下のロビー、私たちは内側から来たのでスマートにドアを開けてもらえて出たけれど

外側から来た場合「どこに用事ですか?」みたいに尋ねられそうな雰囲気です。

その入り口ドアの内側。外に見える景色、ステキ。

このエレベータで上のロビーへ。

ってか、用事もないのにこんなところまで行く勇気はないので
「お茶でも飲みたいと思って。」と言って上がりました。

ちなみに、このビルは今香港で一番高いビルです。環球貿易広場(ICC)って言うらしい。
ここには「
スカイ100 展望台」というのがあって、100階からぐるっと見て回れるらしい。
料金がね、事前予約で125HK$、当日券なら150HK$なんだって! ちょっと高いよねぇ。
(1,500円以上よね。)

で、私は考えた。
「その料金払う分でお茶飲めるやん。」

空港へ行かなければならないので時間は1時間弱しかなかったけど
リッツカールトンへ上がって正解でした。
1,500円払う100階より上やで、103階やで♪

わぁ、103階なんてビルに上がるのは人生初とちゃうかな?

その時間帯(12時前後)は
THE CHOCOLATE LIBRARY」しかお茶ができないそうで
迷いもなくそこでお茶を頂く事にしました。

すごくゴージャスなソファーで、お客さんも少ないのでゆったり♪
席からの眺めはこんな感じなのだ。
思わずはしゃいで身を乗り出してしまう。
窓際に置かれているのは全部「チョコレート」がテーマな本。
パティシェさんにはヨダレが出そうな逸品かも?

ほれ、アイランドシャングリ・ラ方面

カメの方面

メニューは文字ばっかりでケーキのイメージがわかなかったので、「直感+賭け!」
オヤジのはオーソドックスなん、私のはちょっと個性的なん。
この私のん、なんか宝石箱みたいに次から次からいろんなチョコモンが出てきました。
(ポケモンちゃうで、チョコレートのもん)
外側はパリっとした薄いチョコの壁で、クリーミーなチョコ、シャーベットみたいなん
ゼリーみたいなん、(記憶は曖昧なので多少違うかも) っとまあ、
最後まで楽しいケーキでした。

ケーキ1コずつ+コーヒー1コずつ(ポットに入ってたから数杯飲めた)
2人で4千円強でした。
えへへ、100階展望台料金よりちょっと高かっただけでーす。
このコース、オススメ!

ちなみに、
お客様が少なかったからかもしれないけど、スタッフの目配りがとても良かったです。
若い女性ショコラティエ?(チョコレートのパティシェ)も「いかがですか?」
みたいにご挨拶に来られましたよ。
さすが、リッツカールトン!かな。(私、これがリッツカールトン初体験でした。)

もちろん午後にはアフタヌーンティーもあるみたいで、次は是非頂きたいもんです。
118階にあるレストランにも行ってみたいね。

ちなみに、このビルは今世界で4番目に高いらしい。

「アホは高いとこ上がる」
はい、上がってきました。良い経験ができました。

ゆっくり慌ててお茶して、時間ももうあんまりありません。
名残惜しい香港の町を後に、エアポートエキスプレスで空港へ。

香港国際空港
チェクラップコク国際空港(覚えられへん!)

日本、鹿児島付近でオヤジが発見した島。「桜島か?」地形的に違いますね。
後で調べたら「硫黄島」でした。

あ、帰りの飛行機、気流が悪く結構揺れました。
それよりなにより、ちょっと体調が悪くなってしまってて
いつも楽しみぃ〜な機内食も1口しか食べられず(残念無念、写真を撮る元気もなかった)
あげくのはてに・・・トイレで・・・・最悪。
最初に調子に乗って飲んだビールが回りすぎたか?!
飛行機に乗ってはじめて酔ってしまったのでした。

4日間、奇跡的にずっとお天気も良く素敵なホテルにも滞在できて
ほんとに楽しい香港旅行でした。
また行くぞ!

(おしまい)

JUGEMテーマ:☆香港旅行
 

at 13:04, えまりん, 香港

comments(0), trackbacks(0), - -