<< 長野県へ1泊でドライブ | main | 2016なりました。また植むらさん行ってきた >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

「料理屋 植むら」さん行ってきた。五感満足。


グルメなお友だちが最初 ピン で訪れて、それから何度も続けて行っているという
「料理屋植むら」

一緒に行こう!と声をかけてもらって初めて行ってきました。
北野坂、ソネの2軒浜側の目立たないビル4F。
カウンタ11席だけのお店で、ミシュランでは何年か連続で星が付いてて今年は★★

お昼は7,000円(税サ込みポッキリ)コースのみ。
7,000円と言えばちょっと贅沢なお値段ですが、結果を言えば大満足でした。

という事で蘊蓄少なめ、写真《クリックでちょっと大きくなります》でキロク。


日本酒を頂いたのでお猪口は切り子コレクションの中から選ばせてもらえました。


青(藍)好きなのでもちろん青いのん


頂いたお酒は料理屋植むらオリジナルの微発泡な純米吟醸酒です。
1,500円(1合かな)

そして、12時から集まったお客様一斉にお料理がスタートします。
はじめのお料理


茶碗蒸しの上に味を染ませた筋子が乗せられています。
茶碗蒸しは自己主張せず、それでいてすごく満足なお味。
筋子はピチピチぷりっぷり。
口閉じて噛んでも口から汁がピュっと出るくらいぷりっぷり。
しょっぱなからビックリでした。


左は白和えかな、いろいろ入ってた。器が蓋付きの切り子で美しい
真ん中はほうれん草やったっけ?すぐ忘れる(汗;) 胡麻和え
右は海老芋のポテトフライ。先に煮物にしてあって、その味がまた格別。

左の切り子に入ったやつ、柿の白和えでした。

アップで見るとやっぱり綺麗ね。


むかごのしんじょう。しんじょう好き♪ むかごってほとんど頂いた事ない。


器もこだわりがあって、漆器の蓋にはルミナリエの蒔絵が。
店をオープンされた2007年の図柄だそうで皆それぞれ何種類か別のがありました。
作品としてもとても美しくまじまじ見入ってしまいましたわ。


穴子をあぶったやつ。肉厚で大きい。伝助穴子って言うの?
上は本わさび。ポン酢と胡麻の付けダレにこのわさびを全部溶いて召し上がって下さいと。
穴子の刺身なんて初めてやわ。炙り具合も良く弾力あって美味しかった。
お皿も綺麗。


そして途中で銀杏が。揚げて塩ふってあるだけかな。


おこわの上にからすみ乗ってます。
「ひとくちでパクッといって下さい。最低30回は噛んで下さい。28回目くらいから味が最高になります。」
っとまぁそんな具合で大将から食べ方のレクチャーが(^_^)
いやほんま、数かぞえて食べましたけどその通りでした(笑)


これは白子と水菜かな、みぞれ餡がかかってます。
白子って好き好んではほとんど食べないけど、こうやって出されると食べますね。
(他のお客様はやはり苦手な方もいらっしゃった様子
(最初に苦手食材は聞かれるのですが、まさか白子までは思いつきませんよね。
ふんわり、まったり美味しかったです。


金目鯛を炭焼きにしたのん。
添えは大根おろしに菊花をあしらったのん。ちょい甘酢っぽい。
いやね、この魚焼いたのん、私いちばん美味しかったです。
焼きは香ばしく魚は脂のって最高に美味しい。
人生でいちばん旨い焼き魚やったかも!(と思うほどおいしく感じた)
大将は炭や香り、焼き加減にもすごく拘りを持って料理されるらしいです。


煮えばなのごはん、アルデンテで。
これかなり有名ですね。こういう状態で食べる機会はほぼ皆無ですね。
経験としてはいいと思うけど、私は炊けて蒸らしてからのごはんがやっぱりええかな。


器は古伊万里とか? 私はあんまり詳しくないけど、ほんまええ器置いてはります。


中身は百合根饅頭。饅頭の中にはミンチみたいなのが入ってました。
これ1つ作るのに百合根どんだけ使ってるん?って思うほどたっぷりの百合根でした。


そして炊けて蒸らしたごはん(笑) と ごはんのお伴。
香川のお米だそうです。大将が香川県ご出身なんですよね。
左から赤だし、じゃこ、味噌と胡麻、昆布、白菜の漬け物

そして〆のデザート

手前は うきしま というお菓子の製法で作られています。
お茶はすごく旨みがあったので尋ねてみたら、こんぶの出汁が使われているみたいです。
右上のイチゴは低気圧処理?で味を染ませたいちごに独特な砂糖が乗っかってます。
沖縄のやし糖?そんな感じのお砂糖だそうです。


拡大図

いやまー、
カウンタ視線の先、キッチンはもちろんピカピカで綺麗やし
大将始め板前さんはみんな坊主頭で清潔感アリアリ、女性の板前さんも然り
サービスの女性も綺麗で笑顔絶やさないし。

器はええもん置いてあるし、設えについて質問してもきちんとお答え帰ってくるし
味、見栄えもええし、お客様もお料理の感動でわーとかきゃーとか言うけど
みなさんそれぞれ大人しくお料理楽しんではるし

初めて行って即、また来たいと思いました。

予約は2ヶ月先までのを取れるみたいですけど、ほぼいっぱいっぽいですね(昼)
夜のお値段はお昼の倍以上で、特に今はカニを出すので1.8〜2.2万 時価だそうです。
それにサービス料15%かかるので、え〜〜っとぉ、お酒飲んだら…計算でけん(汗;)

1月お昼で、土日は空きありますか? やっぱり満席
平日空いてる日あります? って尋ねたら1日だけ空きがあったので即予約して帰ってきました。
あー楽しみや♪


これ、柿右衛門ですって。他のお客様が見せてもらってるのを撮影。

at 14:11, えまりん, 日常

comments(2), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 14:11, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment
れいちゃん, 2015/11/27 11:17 PM

わー!

なんや初めての食べ方のもんばかり〜〜(≧∇≦)
アルデンテのご飯って・・・!
どんなん?!
食べてみたいわぁ♪

28回で最高の味って〜〜(≧∇≦)
わーー、どーんな味なんやろ?

これだったら7000円、大満足だわー。

本当に美味しいのって、写真でも伝わるねぇ。

えまりん, 2015/11/30 9:02 AM

★れいちゃん

土日出勤でくたくた〜(^^;)
うちの家族は土日家におるのでよけい疲れるねん。
仕事終えて帰宅した思ったら夕食用意!
ごはんくらい作っといてほしいわ!

7000円、ほとんどみんな「え、そんな高いランチ!」って言う(汗;)
ホント、ランチは千円でいいよね。
植むらさんの7000円はたまのご褒美って感じやな。
気持ちが豊かになれるので、たまの7千円は高くない…
そんな風に思えるお店かな。
接客も気持ちええねん。










trackback
url:http://emmalin.jugem.jp/trackback/337